事業内容

顧問エンジニア

顧問エンジニアとは、主に中小企業を対象に経営とITの橋渡しをするITエンジニアのことを指しています。
「エンジニア」と謳っているのがポイントで、お客様の業務に最適なシステムを実際に納品(導入)することが出来るためです。

顧問エンジニアが必要とされる背景

中小企業におけるIT活用の最大の問題は、人材不足です。

ITを活用して業務効率化、売上や利益の拡大を目指したい。しかし、社内にITを業務に使うことの専門家がいない。社外に目を向けても、自社の立場で必要なITをデザインしてくれる外部の人材が枯渇しています。

IT活用で最も重要なことは、経営資源としてどのような「情報」を収集・蓄積し、それをどう使えば事業運営に新たな価値を見出すことが出来るのかを見出すことです。「顧客情報をこう使いたい」というビジョンはあっても、その情報をどう集めて蓄積すれば良いのか。そういった現状調査が必要になります。

「今はこういったITを使って業務を行っているが、他に良いやり方を知らない。どう変えていくことが出来るのか、次のステップに進むにはどうしたら良いのかも見えていない。フラットな立場にたって、ウチのITの活用の現状を調査して助言をして欲しい」というご要望を中立的な立場で整理整頓して、ITの活用方法について立案する「顧問エンジニア」というコンサルティングサービスを行っています。

より詳しい顧問エンジニアのサービスについては、下記のボタンをクリックして下さい。

顧問エンジニアの詳しいサービス内容

展示会の注文管理 Handy

Handy(ハンディ)とは、スマホとワイヤレスバーコードスキャナーを使って、バーコードを読むだけで注文が取れる「展示会場の現場で注文管理が出来るサービス」です。東京国際ギフトショーのような大きな展示会でご利用頂く為に作りました。展示会は時間との戦い。ご注文に要する時間を短くすることが、運営者様もお客様にも重要になります。

展示会の会場では、ハンディーターミナルでバーコードを読み込むことで受注を取るシーンを良く見かけます。とても便利なシステムですが、ハンディーターミナルの導入は金額的に難しく気軽に導入できるものではない。そんなお声を複数の現場で伺い、スマホで動くアプリを作りました。

より詳しい展示会の注文管理 Handyのサービスについては、下記のボタンをクリックして下さい。

展示会の注文管理「Handy」の詳しいサービス内容

MOD99による超高速なシステム開発

弊社では「業務システムを完全自動生成するフレームワーク MOD99」を開発され、受託開発を行っているルート42株式会社 様と業務提携をしております。複雑性の高いシステムでも繰り返し開発を行うことが出来、設計が終われば動くシステムが出来てそのまま導入できます。

私どもは、ITシステムはオーダーメイドがベストだと考えています。企業規模の大小にかかわらず、画一的な事業運営のやり方など存在しない為です。御社の業務ノウハウを殺すようなITシステムを導入する意味はありません。

従来では、オーダーメイドでITシステムを作るのは非常にコストがかかりました。システムの要件を決定し、それを実装して改修する作業はプログラミングを技術者が行っているため、時間も手間もかかるためです。

しかし、「システムを作るプログラムを自動化する」ことで、オーダーメイド開発のやり方が大きく変わりました変更があった場合も、変更を反映したシステムを1から自動で作り直しますので、スピーディーに対応できます。何度も作り直せればすべての前提が変わります。

より詳しいMOD99による超高速なシステム開発のサービスについては、下記のボタンをクリックして下さい。

MOD99による超高速なシステム開発の詳しいサービス内容

こちらのお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい。営業日ベースで一両日中にはお返事させて頂きます。