他にない、上質なITを

Column

2018年プロ野球、第1クールラウンドアップ


Pocket

ここで言う第1クールとは、各チームが1カードずつ対戦が終わった(5カードを消費した)ことを意味しています。

セ・リーグ順位表

パ・リーグ順位表

1クールを終えて我が東京ヤクルトスワローズの戦いぶりまとめ

  1. 無死2塁→送りバントで1死3塁等の、送りバントを積極的に活用
  2. 1番・山田哲人選手のウォーキング・テット化
  3. 勝ちパターンの中継ぎは成績優秀
  4. 裏ローテの可燃性が非常に高い

昨シーズンと明らかに違う点が、1死3塁というチャンスメイクの徹底っぷりです。山田哲人選手が歩けば盗塁で2塁、送りバントで1死3塁。序盤なら明らかな前進守備はないので、バットに当たれば点が入ります。そういう野球を徹底してやっている印象を受けますので、ヒットエンドランはあまりやらず、あくまでランエンドヒットが多くなった感じですね。青木宣親選手も渋いタイムリーを連発してくれており、流石は世界のAO木さんです。

1番に山田哲人を持ってくる理由は、バレンティン・青木宣親・雄平・川端等の中軸が揃ってきたので、彼らの前にランナーとして出ることを重視した為でしょう。塁に出るだけなら、山田哲人選手は必ず1回は出塁しますから。一時期に比べて外の甘いボールをミスショット(ボールの下を捉える)ことが増え、オールスター前まで.350打ってた頃の爆発力は鳴りを潜めておりますが、これからすごいのが来るはずです。

困ったのが、裏ローテが崩壊気味な点です。ハフ投手が5失点→7失点の登板で、何故か5回に入ると大爆発するという症状を抱えています。なんなんでしょう… また、マイメン館山昌平投手も、変化球の制球が抜群に悪く、スライダーもフォークも良い所に入りません。その結果、左打者に外寄りの真っ直ぐを狙い打たれて3失点→6失点で二軍に落ちてしまいました。あの内容では残念ながら当然、というものです… 連休明けの神宮で復活登板を待っております。

裏ローテが大炎上しなければ貯金3つはいけたと思うと、少し惜しいですね。

巨人の勝ち継投が崩壊気味

巨人が単独最下位に落ちておりますが、原因は明らかで勝ち継投が崩壊気味だからです。上原投手の加入でブルペンが厚くなったと思いきや、よもやの連続3失点で雲行きが怪しくなってきました。

AHRA政権の頃から、巨人軍の野球は投手力を中心にした守りの野球です。打ち勝つ野球なんかやったことがありません。最大の功労者は山口鉄也投手とマシソン投手です。特に山口鉄也投手のパフォーマンスは圧巻でしたが、昨年から行方がわからなくなってしまいました。クローザーのカミネロ投手につなぐには、マシソン投手以外にあと1枚必要です。今のところ、そのピースが見つかっていないようです。上原投手の復調に賭けるのでしょうか。悩ましい所です。

今永・濱口・ウィーランドを欠いてもセ界No.1の先発陣

8連勝で勢いに乗る横浜ベイスターズ。驚くべきことにセ・リーグで最も失点が少ないです。打撃の桃源郷、横浜スタジアムをホームにしながら。京山投手の台頭を始め、バリオス投手やガルシア投手等の助っ人が今永/濱口投手の穴を埋めています。開幕を任された石田投手だけがちょっと誤算ですが、先発ローテーションはやりくりしていけばどうにかなりそうです。

京山投手は、三浦大輔投手のようですね。ボールに力があるわけではありませんが、内外への投げ分けが非常に長けています。スワローズ戦で当たったので見ていましたが、制球力が高くて手を焼きました。既に3勝を上げているラッキーボーイ的存在が、横浜の快進撃を支えています。

打率4割超え、出塁率は6割超えの丸佳浩さん

ちょっと何言ってるかわからないですね。これで鈴木誠也選手が返ってきたら、とんでもない打線になってしまいますね… 打線が一時期湿っていて(特に1番の田中広輔選手)4連敗しましたが、連覇しているチームですから。圧倒的な勝率を誇るホーム・マツダスタジアムで立て直してくるかもしれません。なぜなら、明日から裏ローテのスワローズと当たるからです…

得失点差マイナス1なのに5割の阪神

1試合3点しか取れない貧打に喘ぎながらも(原因はブレーキ中の4番ロサリオ選手ですが)、先発ローテーションが安定しているためか失点も47と少ない阪神。昨年もこんな感じでしたね。負ける時は派手に行くけど、勝つ時はマテオとドリスのハイボールで接戦を取る。マテオが例年に比べて劇場度が33.4%アップしている印象ですが、あのスライダーは来るとわかっていてもなかなか打てないですね。ドリス投手のスプリットも同様です。

タイガースの場合、1〜2番のパフォーマンスがずっと悪いので糸井と福留以外は愉快な仲間たち状態になっているのが辛い所です。ヤマダーとバレンティン以外は安牌打線だった昨年のスワローズを見ている様です。昨年ブレイクした中谷選手も行方がわからなくなってしまいました。こんなチャンスなのに、江越大賀は上がってこれない。あと、高山俊選手。バットコントロールは非凡なものを持っていると思っていますが、ボタンの掛け違いがずっと続いている感じです。タイミングのとり方を変えたほうが良いのかもしれません。

タイガースの補強ポイントはリードオフマンです。1番が固定できたらベストなんですが。陽岱鋼とかピンズドだったように思いますが、ま、それはいいか。

西武の快進撃と、オリックスの貧打と、松井裕樹

パ・リーグの試合はあまり見ていないのでざっくりとしてしまいますが、なんといっても松井裕樹投手が大誤算でしたね。楽天からすれば。5割キープできていたはずなのに、まさかのセーブ失敗が続いてしまいました。クローザーで落とすのが一番堪えますからね…

オリックスの試合を大阪出張帰りに京セラドームに見に行った(金子千尋対岸の試合)のですが、オリックスの打線は両外人が死んだら終わりという点が線にならない野球をやっているように感じました。打ち損じも多かったです。バッターも思い思いに投手に向かっている印象で、狙い球を絞るとか徹底しているような印象は受けませんでした。西投手がムエンゴで死にそうです。何かの間違いで、東京ヤクルトスワローズへのお越しをお待ちしています。


おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。
こちらの記事にご興味を持っていただいた方には、こちらの記事もおすすめです。

執筆者について

著者

(株) クオリティスタート 代表取締役

湯本堅隆(YUMOTO Michitaka)

略歴

1979年生まれ。ISPの電話サポートのアルバイトをきっかけにIT技術に興味を持ち、2003年にアイ・ティ・フロンティア(現タタ・コンサルタンシー・サービシズ)に新卒で入社。

SIer在籍期間からブログ「GoTheDistance」でSIerを巡るIT業界のあり方・エンジニアのキャリアについて記事を書き、累計はてなブックマーク数40,000を超えるブログになりました。

「ITを使いこなしたいなら、ユーザー企業は内製すべき」と主張しているうちに、2009年から雑貨卸の有限会社 エフ・ケーコーポレーションで内製化を1人で担当するはめに。メーカー送料ロットのない雑貨卸というビジネスモデルをITシステムを実装することで確立し、経済産業省が主催するIT経営実践認定企業に選ばれました。

「システムを作る人材や会社」はあっても「何が正しいITシステムなのか」を事業会社の立場で考え、デザインできる人材が枯渇している。

この課題を解決したいという思いから、会社を創業しました。

重度の野球好きで、東京ヤクルトスワローズのファンです。


お問い合わせはこちらから