他にない、上質なITを

Column

「とりあえず同点」はホームチームのみ許される


Pocket

貴方の応援チームが、ビジターで戦っています。点差は1点ビハインドとします。8回表、先頭打者がヒットで出塁しました。無死1塁です。

この状況で送りバントを選択するのがどうしても好きになれない。

ビジターチームというのは同点では負けと同じです。ポストシーズンゲームで、この試合負けたら敗退が決まるという局面であれば併殺を絶対に避けたいのはわかる。でも、レギュラーシーズンでビジターが弱気になったらダメだと思う。

無死1塁で送りバントをする気持ちはわからなくもない。ランナーをサードに持っていきたい気持ちはよくわかる。でも、同点なら勝てないじゃないですか。負けるにしても9回で負けるのと、延長でクローザー引っ張り出して負けるのでは、意味が違う。仮に同点になっても首の皮一枚つながっただけで、9回裏に打たれたら何の意味もなくなってしまいます。

ビジターチームが「とりあえず同点」が許されるのは7回までだと思っています。どうせ負けるなら、9回で負けたほうがいい。11回まで消耗して負けるより、勝ち越しを狙って勝負に出て負けるほうがええわ。

野球ってのは毎回毎回得点できるわけではなく、決まった回に決勝点が入って決まる性質のものなので、点が取れるような状況になったら、チャンスを最大化するのがベストだと思います。強行でゲッツーのリスクは取る。

その意味で言うと、鈴木尚広のように盗塁で2塁を陥れるプロがいる意味って大きいです。盗塁するとわかっていて、盗塁を決めてチャンスを拡大できるような選手がいれば、送りバントを活用する理由も減るでしょう。

ちなみに、無死1,2塁からの送りバントは大好きです。あれはヒットより価値があります。


IT企画の進め方

IT企画、ITプロジェクト支援

会社や事業を変革するために必要なITをどうやって企画して、プロジェクトをどう立ち上げて、成功裏に導くのか。当社はそのためのノウハウを全て公開しています。IT企画から構想立案、要件定義までの支援をさせて頂いています。

IT企画・プロジェクト支援へ

システム内製化支援

様々な開発ツールを使い、御社の業務システムを共に作り上げ、最適な会社の仕組みを作ること。将来的には自立した内製化チームを立ち上げ、業務改革に貢献するソフトウェアの開発・運用を担うメンバーの育成を同時に実現するご支援です。

システム内製化支援へ

お問い合わせはこちらから