他にない、上質なITを

Column

今さら聞けない野球の球種をやさしく解説


Pocket

野球を見ている中で区別がつかないことの1つが、球種です。変化球がどれも同じに見える方は結構多いようです。それはそれでもったないので、Youtube等を引き合いに出しながら、抑えておきたい球種をご案内します。

スライダー

現在、ロサンゼルス・ドジャースで活躍している、ダルビッシュ投手やマエケンこと前田健太投手の代名詞である、スライダーです。ストレートの軌道から右投手なら右に、左投手なら左にスライドします。どのピッチャーでも投げる変化球です。

リリースの瞬間を見て頂きたいのですが、スライダーの場合はボールを切るように離します。あたかも指がスライドしているように見えると思います。マエケンには速いスライダーと遅くて変化の大きいスライダーがあり、その投げ分けることで一度で二度美味しいボールになっています。

日本ですと、楽天イーグルスのクローザー、松井裕樹投手のウィニングショットです。軌道がユニークというか、回転数がすごく多いようでサッカーで言うドライブシュートのような軌道を描きます。

中日の岩瀬仁紀投手の決め球も、このスライダーです(カットボールのほうがイメージに近いけど)。死神の鎌と呼ばれたそのボールは、ベースの手前でグンと横に滑りながら落ちていきます。

カットボール

阪神の藤浪晋太郎投手や、広島のクリス・ジョンソン投手が得意としているボールです。スワローズですと、ブキャナン投手やライアンこと小川泰弘投手がよく使います。

スライダーに比べて球速が速く、スライドするというよりかはクッと曲がるイメージです。アメリカではカットファストボールとも言われます。メジャーでは90マイル近い球速で投げてくる投手もいます。スライダーで140km以上出るケースは大谷ぐらいなものです。球速が目安の1つです。

カットボールで有名なのが、メジャー屈指のクローザーとして名を馳せたマリアーノ・リベラ投手です。カッターと呼ばれたそのボールはまっすぐに近い速度から急に変化します。

チェンジアップ

ストレートと全く同じ腕の振りで投げて、ベース手前で失速して落ちていくボールです。握りが鷲掴みのようにする投手と、親指と人差し指で○を作って投げる握りが代表的です。

2年前に二桁勝利を上げたブレイクした、若様こと中日の若松駿太投手の代名詞です。真っ直ぐかと錯覚するとボールが来ない上に落ちてくるので、タイミングが取りにくいことこの上ない。

フォーク(スプリット)

指でボールを挟んで投げるボールです。スプリットとの違いはスプリットはボールの握りが浅くて回転がかかっているため、球速が速いことです。

ヤンキースのマー君こと田中将大投手がシーズン無敗を達成したシーズンの代名詞となったボールがスプリットです。スプリットフィンガード・ファストボール、ともいいます。30秒後ぐらいにスプリットを投げています。阪神のメッセンジャー投手、ソフトバンクのサファテ投手等が、スプリットを決め球としていいます。

フォークと言えば、もうこの人しかいません。ソフトバンクの千賀滉大投手です。

ツーシーム

広島東洋カープのレジェンド、黒田博樹投手の代名詞となった、ツーシームです。シュートボールとほぼ同じだと思います。利き腕の方向にストレートと違わない速度でボールが動きます。黒田投手の影響なのかはわかりませんが、ここ2年ぐらいで投げる投手が増えました。広島の投手陣は特に増えた印象です。

ちなみに、ツーシームとはボールの縫い目の回転する回数です。2回だとツーシーム、4回だとフォーシームです。日本でストレートと言われる球種はフォーシームに該当します。アメリカの場合、速球は全部「FastBall(速い球)」でくくられます。

カーブ

上にぽ〜んと上がって、そこからドライブがかかって落ちてくる、ゆるーいボールです。カーブは投げる投手がそんなに多くありませんカーブだけは抜いて投げなくてはならないので、この感覚の違いが制球にも影響を与えているそうです。

ソフトバンクの武田翔太投手、楽天イーグルスにFA移籍した岸孝之投手、巨人のマイコラスが得意としています。

シンカー(スクリュー)

現役ですと、ロッテの石川歩投手の決め球です。ボールを抜いて投げますが、右投手の場合は腕を回転させながら投げることで、右方向に落ちていきます。投手の利き腕の方向に向かって、沈んでいくボールです。右投手はシンカー、左投手はスクリューと言うことが多いです。正直な所、よくわかっておりません.. 引退してしまいましたが、山本昌投手の得意球です。

なお、古い野球ファンの方はシンカーと言えば西武の潮崎哲也投手をまず思い浮かべます。こんなの打てるかよっていうぐらい卑怯なボールです。ニコニコ動画でお楽しみ下さい。高めから低めに落ちていきます。潮崎哲也投手の現役は90年台初頭ですが、未だこんなシンカーを投げるサイドスローピッチャーはいません。
西武潮崎の鬼シンカー『2階から落っこちてまいりました』


おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。
こちらの記事にご興味を持っていただいた方には、こちらの記事もおすすめです。

執筆者について

著者

(株) クオリティスタート 代表取締役

湯本堅隆(YUMOTO Michitaka)

略歴

1979年生まれ。ISPの電話サポートのアルバイトをきっかけにIT技術に興味を持ち、2003年にアイ・ティ・フロンティア(現タタ・コンサルタンシー・サービシズ)に新卒で入社。

SIer在籍期間からブログ「GoTheDistance」でSIerを巡るIT業界のあり方・エンジニアのキャリアについて記事を書き、累計はてなブックマーク数40,000を超えるブログになりました。

「ITを使いこなしたいなら、ユーザー企業は内製すべき」と主張しているうちに、2009年から雑貨卸の有限会社 エフ・ケーコーポレーションで内製化を1人で担当するはめに。メーカー送料ロットのない雑貨卸というビジネスモデルをITシステムを実装することで確立し、経済産業省が主催するIT経営実践認定企業に選ばれました。

「システムを作る人材や会社」はあっても「何が正しいITシステムなのか」を事業会社の立場で考え、デザインできる人材が枯渇している。

この課題を解決したいという思いから、会社を創業しました。

重度の野球好きで、東京ヤクルトスワローズのファンです。


お問い合わせはこちらから