他にない、上質なITを

Column

ITプロジェクトの失敗理由の9割は、プランニングの失敗


Pocket

当社は、いろんな立場でITプロジェクトに参画してきました。

・受託開発を請けた開発会社として
・プロジェクト支援依頼を請けたコンサルタント・PMOとして
・事業会社のプロジェクト運営側として

私が上記の3つの立場を経験した中では、エンジニアがITプロジェクトの失敗を引き起こすケースはありませんでした。

システムニーズを整理しきれていない、どういう整理をすればITプロジェクトを推進できるかわからない状況に陥ったクライアントの準備不足が主因であるケースが、どの立場でも感じられました。

特に事業会社の立場になってみて改めて衝撃を受けたのが、プログラムを作ってもらう時の頼み方がわからないケースが圧倒的に多いことでした。ITが本業でないですから誰もエンジニアがいないのが当たり前で、頼まれてプログラムを作ったことが当然ありませんから、そりゃそうか・・・と。

「その伝え方では何がしたいかわからん」とか「こんなのが欲しいっていうけど、言うほど使わないだろ」とか「そこを変更するにはこっちも変更せなあかんので、こういうのじゃだめ?」等の議論を重ねていく中で、システムの作りのイメージが湧いてきて、社内のIT企画力が上がってきて「こんなことできないの?」というアイデアが出てくるようになるまで、とにかく専門用語を使わずに、システムの中に流れるデータをどうしたいのだという点を詰めていきました。

その経験から、IT企画力はエンジニアが適切な情報を提供すれば上がっていくものなのだと感じました。これは出来る・これは難しいがこれならやれるという情報を上げてコミュニケーションを取ると、ビジネス側に判断基準が出来るようになりました。

そういう現場が増えればITプロジェクトの失敗も少なからず減っていくのではなかろうか・・・という思いから、IT企画を行うITプランナーの必要性を感じ、ITプランナーによる事業を運営に必要なIT・業務システムをデザインするサービスを展開しています。

こちらも合わせてご覧ください。

  1. ITプランナーによる、ITシステムのデザインサービス
  2. IT企画・ITプロジェクト運営ワークフロー

プロダクト開発を行うにあたって有名な参考図書に「Inspired: 顧客の心を捉える製品の創り方」という本があります。その中にある一節です。

覚えておいてほしい。価値のある、使いやすい、実現可能な製品として作られるべき何かをプロダクトマネージャーから与えられなければ、どんなにエンジニアリング部門が優秀でも意味はない、ということに。


おすすめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。
こちらの記事にご興味を持っていただいた方には、こちらの記事もおすすめです。

執筆者について

著者

(株) クオリティスタート 代表取締役

湯本堅隆(YUMOTO Michitaka)

略歴

1979年生まれ。ISPの電話サポートのアルバイトをきっかけにIT技術に興味を持ち、2003年にアイ・ティ・フロンティア(現タタ・コンサルタンシー・サービシズ)に新卒で入社。

SIer在籍期間からブログ「GoTheDistance」でSIerを巡るIT業界のあり方・エンジニアのキャリアについて記事を書き、累計はてなブックマーク数40,000を超えるブログになりました。

「ITを使いこなしたいなら、ユーザー企業は内製すべき」と主張しているうちに、2009年から雑貨卸の有限会社 エフ・ケーコーポレーションで内製化を1人で担当するはめに。メーカー送料ロットのない雑貨卸というビジネスモデルをITシステムを実装することで確立し、経済産業省が主催するIT経営実践認定企業に選ばれました。

「システムを作る人材や会社」はあっても「何が正しいITシステムなのか」を事業会社の立場で考え、デザインできる人材が枯渇している。

この課題を解決したいという思いから、会社を創業しました。

重度の野球好きで、東京ヤクルトスワローズのファンです。



IT企画の進め方

ITプロジェクトの進め方、公開中

事業を運営するために必要なITや業務システムの企画の作り方、プロジェクト担ってからの進め方をワークフローという形で完全無料公開しています。10000文字超えの力作です。是非御覧ください。

ITプロジェクトの進め方

IT戦略・IT企画の無料相談承ります。

ITプランナーが御社にお伺いして、御社のシステム企画のディスカッション・パートナーをさせて頂くサービスです。60分時間限定ですが、IT企画のモヤっとスッキリさせるお手伝いをさせて頂けたら。

ITプランナーへの無料相談

お問い合わせはこちらから