顧問エンジニア

完全中立な立場で、御社に最適なIT活用の形をご案内します

「自社にITに知見のある人材がいないので、他に良いやり方を知らない。今のやり方が最適とは思わないけれど、どういった施策を打てばよいのか、どんなITが必要なのか。逆に言えば、今のままでも充分なのか。そういった相談できる相手がいない。フラットな視点から、ウチの現状を調査して報告してもらえないだろうか?」

当社が顧問エンジニアとしてお手伝いさせて頂くきっかけとなった、あるお客様との対話です。

漠然とした「業務をサポートするITのあり方や活用法は、今のままで良いのだろうか?」と感じられている中小企業の経営者様は、本当に多くいらっしゃいます。中立の立場に立って、そういった疑問や不安を調査とご提案で整理して解消するお手伝いをさせて頂きます。

顧問エンジニアのITコンサルティングでは、「実作業のレベルまで正確に現状分析を行うこと」を最も重要視しています。現状分析が正確であればあるほど、目指すべき姿が明確になり結実する可能性が高くなるからです。業務(実作業)レベルの現状認識が不足してしまうと、何が問題であるかを見誤ってしまいます。

Excel / Access等にお詳しい方が作られたITがある、ソフトを購入されて導入している、システム屋さんに依頼して構築した独自のシステムがある。もしくは、殆どそういったものがない。そういった背景を踏まえると、次にどんな施策を打つ必要があるのかは、会社様によって全く異なります。事業を運営していく以上、画一的なやり方は存在しません。

顧問”エンジニア”である意味

ITシステムの活用を検討する当たっては、ITシステムがどのように作られているかを理解しているエンジニアでなければ判断できない事が過多あります。

どのような情報を収集・集積すれば経営に活かせるのかは、エンジニアでなくても判断できます。しかし、「どうやって」その情報を集積できるのか。望む形で活用できるのかどうか。業務システムを作ってきた経験がなければ、判断できません。

当社が「ITコンサルタント」ではなく「顧問エンジニア」と評しているのは、システムを実装できる力を有していることを重要視しているためです。同時に、顧問エンジニアは「ITの活用法で対話ができるエンジニア」でなくてはなりません。

顧問エンジニアのサービス導入の流れ

まずはお問い合わせをお願い致します。

Webサイトのお問い合わせフォームより、顧問エンジニアのサービスのご検討を頂いている旨をお問い合わせ下さい。その後、弊社よりヒアリングシートのご記入のご案内をEメールにて差し上げます。ご記入をお願い致します。

お打ち合わせ(ヒアリング)

ヒアリングシートにご記入頂いた後、弊社よりご担当者様へご連絡をさせて頂きます。ヒアリングシートにご記入の内容確認をさせて頂き、ヒアリングの訪問日程を調整させて頂きます。ヒアリングを行う際には、常に御社にお伺いする形を取らせて頂いています。御社のITを取り巻く環境を把握する必要が有るためです。

初回のお打ち合わせから、ご料金が発生致します。予めご了承下さい。

ITコンサルティング

ヒアリングは1日で終わることを想定しています。ヒアリングの日程から、2週間後を目処に調査報告並びにご提案書を作成させて頂き、送付致します。1週間前後でご確認を頂き、内容に問題がなければ請求を上げさせて頂きます。

いかかがでしたでしょうか?

少しでもご興味を持たれたら、まずはお気軽にお問い合わせを賜りたく存じます。

こちらのお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい。営業日ベースで一両日中にはお返事させて頂きます。