お知らせ

2017年の東京ヤクルトスワローズ展望

弊社の社名は「クオリティスタート」と申します。野球における、投手の指標の一つを指した言葉です。

企業のお知らせページに事業内容と全く関係のない野球の話を書いて良いものか悩みますが、「それはそれでありだから、やれ」という意見が大半だったので、試しに書いてみることにします。私はスワローズファンなので、スワローズについて書くことにします。投手陣の展望について。

投手陣の展望

東京ヤクルトスワローズの弱点は投手力の低さであります。打撃力はセ・リーグでも随一。「5点取らなければ打てない打線が悪い」とまで言われるぐらい凶悪な攻撃力を持っております。しかし、穴の開いたバケツにジャンジャン水を注いでも虚しいだけですからね… 1点差も10点差も、勝ちは勝ち。

石川→小川→山中→オーレンドルフ→ブキャナン→原樹理/館山という先発ローテで行く可能性が高いと見ています。

今年はやたらカツオこと石川雅規投手のコンディションが良く、ライアンこと小川泰弘投手がぴりっとしないので、石川投手が開幕投手を務めることが決まりました。そして忘れちゃいけないアンダースローの山中投手。防御率だけで言えば完全にエースです。この3枚が表になる気がします。

裏ローテの筆頭は、スワローズ最高初年度報酬額で獲得した新外国人、オーレンドルフです。オープン戦での投球を見ましたが、縦の変化で勝負する制球力の高い投手ですね。ソフトバンクに在籍していたホールトンのような投手。投げ下ろす真っ直ぐを左右に散らして組み立てつつ、決め球はチェンジアップです。糸井嘉男選手にガツンと3ランを打たれましたが、その後はキッチリと修正してくれました。楽しみな投手です。

もう一人のブキャナン投手は、カットボールを得意とする投手ですね。カープのヘーゲンス投手によく似ています。右打者のインコースへ投げるツーシームと、左打者のバットにグイグイと食い込むカットボール。この組み立てがどれだけ機能するか。オープン戦では大きな乱れもなかったので、使わないのはもったいなぁと思います。

石山投手に期待大

オープン戦の投球内容が素晴らしいのが、ライアンの同期でドラフト1位の石山投手。先発から後ろに回って短いイニングを投げることに専念したようで、ストレートのキレで攻める投球スタイルがとても良いです。元々、曲がりの大きなスライダーとフォークを持っていますので、シーズンに入ればこれらを活用していくことになるでしょう。課題感を持って調整に望み、それらが順調に来ているので、勝ち試合の8回か7回を投げてくれると期待しています。

中継ぎ陣

中継ぎで気になるのはルーキ投手、ギムレット投手、今年のドラ2の星投手。外国人枠の関係で、バレンティンとオーレンドルフは確定。残り2人は恐らく投手に回すでしょう。グリーンは畠山のバックアップ要員ですし。そうすると、70試合近く投げてくれたタフネスに期待してルーキ投手なのか、フォークが武器の新加入のギムレット投手、どっちを使うんでしょう。どちらもオープン戦では結果を出しているので、かなり悩ましい所です。

ドラ2の星投手はヤクルトの投手陣で最もストレートが速い。球速の遅さには定評のあるヤクルト投手陣、期待のパワーピッチャーです。平井投手は病み上がりですし、変化球の精度は星投手のほうが良さそうだったんで、星投手をどう使うのか悩ましいですね。左対策には村中投手がいるので、彼を使うんじゃないでしょうか。

クローザー 秋吉
8回 石山/ギムレット
7回
左対策 村中
同点〜2点ビハインドまで ルーキ
敗戦処理/ロングリリーフ 誰か

こんな感じの整備になる気がします!

こちらのお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい。営業日ベースで一両日中にはお返事させて頂きます。