顧問エンジニア

中小企業に要件定義が出来るわけがない

自社の業務を行うために役立つITをデザインするのは、非常に難しい作業です。

会社規模に関わらず、ITを活用するためにはツールやシステムを使わなねばなりません。それらを手に入れる方法は、出来合いのものを使うかオリジナルで作るかの2種類だけです。全社は選択肢が多すぎる上に似たり寄ったりです。後者はオリジナルのITシステムを作るとなるとまずは見積もりから入りますし、ユーザーにキチッとしたシステムに必要な要件が定義できるわけがないので、何百万というお金がかかります。時には1円も生み出さないシステムに、です。

出来合いのパッケージやソフトウエアでは機能が合わず、オリジナルのITシステムを導入するにはコストが合わない。結局はパッケージで最低限のことを行いつつ、自分たちで管理できるExcelで頑張るしかない。

今までは、業務がパッケージに合わないのは業務が悪い。パッケージに合わせて業務を行うべきだという論調が目立ちました。その主張はオリジナルのITシステムを手に入れられない以上「そうせざるをえない」時代では有効でしたが、2016年現在では意味を成さなくなりました。オリジナルのITシステムを速く安く出来る仕組みが整っているからです。

当社はオリジナルのITシステムを速く安く出来る時代に突入したのなら、パッケージに合わせることなく中小企業のビジネスをサポートするITシステムを提供することを目的に顧問エンジニアのサービスを行っています。ご予算の中で御社の立場に立った最適なITシステムをデザインして、時にはそれを実装して提供できるエンジニアがもっと増えなければ誰も中小企業向けのITサービスをやらなくなるからです。

誰もがやりたがらない、中小企業向けのITサービスに挑戦し続けたい。相談相手として頼れる存在でありたい。強くそう思っています。

こちらのお問い合わせボタンから、お気軽にお問い合わせ下さい。営業日ベースで一両日中にはお返事させて頂きます。